延納と物納

相続税は、原則として法定納期限までに、最寄りの銀行などの金融機関か、または所轄の税務署において納付しなければならないことになっています。この法定納期限は、相続開始のあったことを知った日の翌日から10ヶ月とされていますので、もしこの期限に遅れて納付するような場合については、経過した期間にあわせた延滞税がかかってしまいますので要注意です。
相続税の納付は現金一括払いが基本となっていますが、もし何らかの事情によってその方法では納付ができないという場合については、相続税を分割で納付する「延納」や、相続税を金銭以外の財産のかたちで納付する「物納」と呼ばれる手続きも設けられています。ただし、「延納」も「物納」も、それぞれ相続税の申告期限までに所定の手続きをする必要があるほか、一定の条件を満たした場合に限り適用できるものとされています。
「延納」については、相続税の税額が10万円を超えており、その税額に相当する担保を提供できることなどの条件を満たす必要があります。ただし、延納税額が50万円未満で、延納期間が3年以内であれば担保は不要です。
「物納」は、国債、不動産、株式、その他の動産といったあらかじめ定められた種類の財産であり、かつ、定められた順位にしたがって納付することなどが条件となっています。

コメントは受け付けていません。