非課税限度額について

被相続人が亡くなった場合に受け取る死亡保険金は、被相続人が加入している保険の保険料を全額または一部を負担していたのであれば、相続税の課税対象となります。また、被相続人が在職中で、亡くなってから3年以内に被相続人が受け取るべき退職金を受け取ることになった場合は、これも相続税の課税対象となります。ただし、被相続人が亡くなった後の相続人の生活を保障する目的で、受取人が法定相続人となっている場合に限り、死亡保険金と死亡退職金には非課税枠が設けられています。
死亡保険金と死亡退職金の非課税限度額はいずれも、500万円に法定相続人の人数を乗じて得られる金額までとなっています。もし、死亡保険金や死亡退職金の金額が非課税限度額を下回っているのであれば、これらに対して課税される相続税はゼロとなりますが、非課税限度額を上回る死亡保険金や死亡退職金を受け取る場合は、受け取る金額から非課税限度額を差し引いた部分が相続財産とみなされて、相続税の課税対象となります。
被相続人が亡くなった場合、あるいは近いうちに亡くなることが予想される場合は、被相続人が被保険者となっている保険の保険料の支払者や、保険金の受取人などがどのようになっているのかを必ず確認しておきましょう。

コメントは受け付けていません。