死亡保険金と死亡退職金とは

 

死亡保険金は死亡した人が生前にかけていた保険金のことで、受け取る場合には相続人の1人あたり500万円までは相続税を支払わなくても良いことになっています。また死亡退職金は生前働いていた人の本来受け取るはずであった退職金のことで、これに関しても相続人一人当たり500万円までは税金を支払う必要がありません。墓地などを購入する資金などを捻出するために故人がためていた資金を活用しようとしても、相続税に関する取り決めなどで簡単な手続きでは使用することができませんが、これらの保険金や退職金に関する知識を持っていれば墓地を買う資金に保険金を利用するなどの便利な利用法があります。
高額の生命保険や退職金の場合には相続税の対象となるので、税理士などと相談をして税を納めなければなりませんが、相続人が多い場合には税額を低く抑えることができるので、安心して活用することができます。高齢者が亡くなる直前になって遺産などを整理すると間に合わない場合があり、口座などを整理する前になくなった場合には印鑑証明などの書類の提出をしなければならないので、かなり面倒になります。このようなことを防ぐためには生前に贈与を行って、遺言書を作成しておくことが重要です。

 

コメントは受け付けていません。