種類について

 

基礎控除というのはどのような納税者でも無条件で控除される税金のことで、一般的には扶養控除や医療費控除などの種類があります。これらの控除は国の歳入と歳出の状況に密接にリンクをしていて、現在では扶養控除について議論が進められていて、引き下げられる可能性が高くなっています。
これらの控除は医療や家族を養っている人に対する税負担の軽減措置なので、基本的には変化が無いのですが、専業主婦を優遇しすぎているとの指摘によって軽減措置をなくしていく方向に舵が切られています。控除に関しては様々な種類がありますが、基本的には自分で申告をしないと受けられないので、自分の関わっている税金についての情報を集めておく必要があります。
扶養手当の控除引き下げに関してはパートタイムで働いている主婦がフルタイムで働くなどの効果はほとんど無いとされていますが、国の税収が少なくなっているので、取りやすい部分からの税収の確保のために控除が引き下げられている可能性があります。
女性の勤労に関しては子供を育てなければならない家庭の場合では保育園などに子供を預けることで高い保育料がかかり、フルタイムで働く恩恵を受けることができないとの指摘が多く出されています。

 

コメントは受け付けていません。