土地の路線価方式の財産評価

土地の相続や贈与に際し、適正な課税を行うため、土地価格を算出する必要があります。路線価方式とは、そうした贈与・相続に際して、税額算定の基礎となる土地価格を算出するための方法です。
まず路線価そのものは、毎年国税庁が決定し、宅地用途などとあわせ、路線価図として公表されています。一般的に路線価は、実際に商取引される土地価格よりも、安価に設定されています。ただし、路線価の設定は年一回しか行われないため、土地の価格が急騰・急落したとしても、路線価方式で算出される土地価格に影響はありません。
路線価方式による土地価格の算出は、この路線価図を用いて行います。対象となる土地が隣接する道路に設定された路線価を基礎として、土地の面積に加え、各種の補正率を掛けて計算します。この補正率は、いくつかの種類に分かれていますが、土地が面している道路の数、土地が属している用途地区毎に定められた土地の奥行き、借地権の割合等に応じて、定められた倍率で計算します。この補正により、土地の形状や立地が不均一であっても、利便性の高い土地は価額を高くしたり、不整形な土地はその分を減額したりすることができ、実状に近い土地価格を算出することが出来ます。

コメントは受け付けていません。