上場株式の時価と死亡時の取り扱い

上場株式というのは金融商品取引所に上場されている株式のことを言いますが、所有している人が亡くなった場合に死亡時の株式の相続をした日時が株式の取得日となるので、そのときの時価によって、相続税の額が計算をされます。時価というのは一般的にはその日の最終取引の価格のことで、所有者が死亡した場合には財産を相続した相続人は税理士や弁護士と相談をして、相続時期を決定する必要があります。
また相続は相続人の数で変動するので、どの株式を相続するかによって相続人の間でトラブルが起きる場合もありますが、株式は変動するのが当然のものなので、全てを現金化するなどして公平な遺産相続を行う必要があります。また故人が大量の株式を所有している場合には相続が複雑になる場合があるので、時価を調べて均等に分けられる場合もあります。
株券に関しては相続することができるので、保有した株券の管理は相続人が行うことがあります。上場株式によっては損失が出る可能性がありますが、相続人に責任があるので、個人の株券を分配する場合には家族で話し合いをして、不平不満が無いように分配をするように努力をする必要があります。一般的には弁護士や税理士の仲介によって分配されることになります。

コメントは受け付けていません。