純資産と基礎控除

基礎控除というのは納税する場合に医療や家族の扶養などに関して、税額を差し引いて納税の負担を減らすという措置なのですが、相続の場合には残された遺産の純資産が基礎控除以下の場合には特例として納税する必要はありません。純資産というのは資産と負債の差額のことで、残された財産が少ない場合には基礎控除以下の相続額となり、納税する必要がなくなります。また相続人が多い場合には一人当たりの相続額が少ないので、相続税の納税をする必要が無い場合が少なくありません。
相続税の問題に関しては兄弟姉妹が多いほうが相続税を納める額が減るので有利であると考えられますが、相続税に関しては控除が減らされる傾向にあるので、近い将来に相続をする可能性がある場合には情報をしっかりと集めて、財産相続に対する対策を考えておく必要があります。
基本的な相続の対策としてはマンションなどを建てることによって、相続税を免れる方法や有料駐車場を作ることなどもあります。これらの対策をすることによって負債として扱われるので純資産が減少して、相続税の額が少なくて済むという仕組みになっていて、農地などを都市部に所有している場合に多く使われている手法です。

コメントは受け付けていません。